ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > LoL推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

LoL推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

世界で最もプレイヤー人口が多いと言われているLeague of Legends(LoL)。日本でRTSはほとんど流行らなかったのにMOBAがここまで人気が出るとはまったく予想していませんでした。

そしてLoLを始めとしたMOBAはどれも軽いことでも有名です。ミドルスペックゲーミングPCで充分だと評価されていますが本当でしょうか?LoL推奨スペックと実際のフレームレートを計測したベンチマークからLoLにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

LoLの最低動作環境と推奨スペック

LoL公式サイトに掲載されているWindows版の最低動作環境と推奨スペックを以下に記載します。

LoL最低動作環境

OS Windows XP/Vista/7/8/10
CPU 2GHz
メモリ 1GB
グラフィックボード Shader version 2.0 対応

非常に低い最低動作環境です。現在販売されているほとんどのパソコンでLoLをプレイ可能です。Shader version 2.0はグラフィックボードだけでなくインテルHDグラフィックスも対応しています。

LoL推奨スペック

OS Windows XP/Vista/7/8/10
CPU 3GHz
メモリ 4GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce 8600M GT以上

LoL推奨スペックも異常な軽さです。インテルHDグラフィックス530以上のグラフィック性能があれば動く計算です。とはいえ、144fps出したいならグラフィックボードを搭載したゲーミングPCをおすすめします。

LoLのfpsを計測(ベンチマーク)

では現在販売されているゲーミングPCでLoLがどれくらい快適にプレイできるかを検証します。使用したゲーミングPCのスペックは以下の通りです。

OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i7-4790(定格クロック 3.60GHz)
メモリ 16GB(PC3-12800)
グラフィックボード GTX1060 6GB、GTX1070 8GB、GTX1080 8GB

グラフィックボードは3種類用意しました。

LoLのグラフィック設定

LoLのビデオ設定は解像度を1920×1080、グラフィックは最高画質の「非常に高い」、フレームレートは「144fps」にしました。LoLの軽さならわざわざ画質を落とす必要はないだろう、という判断です。

LoLのfps比較表

グラボ フレームレート
GTX1060 6GB 144fps
GTX1070 8GB 144fps
GTX1080 8GB 144fps

GTX1070やGTX1080を試す必要なんてありませんでしたね・・・。GTX1060 6GBで144fpsにビタリと張り付いてました。LoLを60fpsで遊ぶにしても144fpsで遊ぶにしてもGTX1060 6GBを搭載したゲーミングPCで問題ないことがわかりました。この調子ならGTX1050やGTX1050Tiでも大丈夫なはずです。

ちなみにDota2も似たような感じなので、MOBAだけプレイする人にはハイスペックではなくミドルスペックやエントリーモデルのゲーミングPCをおすすめします。

LoLにおすすめのゲーミングPC

もう大体わかったかと思いますが、LoLだけプレイするならどんなゲーミングPCでもいいです。そこでできるだけ安くておすすめのゲーミングPCを探してみました。

ドスパラ 「ガレリア DS」

  • OS:Windows7/10
  • CPU:Core i5-6500
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1050 2GB
  • 容量:500GB HDD

8万円台の激安ゲーミングPCです。税込みでも10万円以下です。このスペックでLoLをヌルヌル動かせます。でもSSDだけは追加してください。LoLとか関係なく、SSDを入れることで快適性が大きく変わります。


ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

今回のベンチマークに使用したGTX1060 6GBを搭載した人気ゲーミングPCです。正直なところLoLにはオーバースペックです。でも今はGTX1060 6GBあればほとんどのオンラインゲームを楽しめるので、MOBA以外もプレイする予定があるならこちらのほうがおすすめです。


ドスパラ 「ガレリア QSF965HE」

  • OS:Windows10 64bit
  • CPU:Core i7-6700HQ
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX965M 2GB
  • 容量:500GB HDD

LoLをノートPCで遊ぶなら格安モデルを選びましょう。GTX10シリーズ搭載モデルはまだ高額なので、現在おすすめなのはGTX965M搭載ノートPCです。これならSSDやメモリをカスタマイズしても15万円以内で変えます。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ