ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > CoD:WW2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

CoD:WW2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

CoD:WW2(Call of Duty: WWII)が2017年11月にリリースされます。先駆けてコンシューマー機でオープンβテストが開始されていましたが、やっとPC版のテストがやってきました。

PC版のオープンβテストが発表されると同時にCoD:WW2推奨スペックも公開されました。CoD:WW2のためにゲーミングPCを新調するなら是非参考にしたい情報です。

CoD:WW2推奨スペック

steamのCoD:WW2販売ページを見ると、まだシステム要件の項目には推奨スペックが掲載されていません。あくまでもオープンβテスト用の推奨スペックという位置付けなのでしょう。

とはいえオープンβテストがほぼ最終決定みたいなものですから、ここから推奨スペックが変化することはまずありえないと思います。

OS Windows 10
CPU Intel Core i5-2400
メモリ 12GB
グラフィックボード GeForce GTX970、GTX1060 6GB

最新FPSらしい凄まじく高い推奨スペックです。CPUのCore i5-2400は4コア・4スレッド、定格クロック3.10GHz・最大クロック3.40GHzです。最新世代ならCore i5-7500以上ですね。

メモリは8GBを突破して12GBです。やはり8GBで十分だった時代は終焉を迎えています。最新FPSを遊びたいなら16GBにするのがスタンダードです。

グラフィックボードはGTX1060 6GB以上です。GTX970のビデオメモリは4GBですし、GTX1060 3GBでは足りないのでしょう。

こうやってCoD:WW2推奨スペックを見てみると、PUBG並に重いのではないでしょうか。推奨スペックぴったりでどの程度のフレームレートが出るのか不明ですが、144fps出すためにはGTX1080Tiが必要になりそうな予感がします。

CoD:WW2のfpsを計測(ベンチマーク)

オープンβテストでベンチマークをしてみました。おそらく正式サービスでもほとんど同じ重さのはずです。プレイしたマップはDeathMatchの「Pointe Du Hoc」です。ちなみに他のマップでも重さはあまり変わりませんでした。

CoD:WW2のグラフィック設定

CoD:WW2を起動するとグラフィック設定の自動最適化を促されます。それは別にいいのですが、画質設定のプリセットがないので「高画質」なのか「中画質」なのかいまいちわかりません。

そこでGTX1080を搭載した状態で起動して自動最適化しました。それ以降はすべてグラフィック設定は変更していません。おそらく高画質に該当するのだと思います。

画質以外で特徴的な設定をピックアップすると、解像度は1920×1080、「全てのフレームをシンクロ」(垂直同期)をオフ、「最大フレーム数/秒」(fps上限)を250にしました。

ベンチマークに使用したゲーミングPCはCPUがCore i7-4790、メモリが16GB、グラフィックボードはGTX1060 6GB、GTX1070、GTX1080、GTX1080Tiの4種類です。

CoD:WW2のfps比較表

グラボ 最低fps 平均fps 最大fps
GTX1060 6GB 74 102 161
GTX1070 89 129 185
GTX1080 98 146 241
GTX1080Ti 98 158 242

グラフにすると以下のとおりです。

平均fpsだけを見ると思ったよりも軽いです。しかしCoD:WW2はフレームレートが異常なほど大きく動き、180fpsを越えたと思いきや少し移動したら80fpsまで落ち込みます。安定とはかけ離れたゲームです。

とはいえGTX1060 6GBでも60fpsを下回ることはありませんでした。60fps出せればいいならGTX1060 6GBがおすすめです。

そして144fps以上で安定させるのはかなり厳しいです。GTX1080以上が必要になります。少しでもフレームレートを稼ぎたいならGTX1080Tiのほうがおすすめです。

メモリ使用量

CoD:WW2のプレイ中にメモリ使用量を計測したところ、ブラウザやSteam込みで約7.6GBでした。CoD:WW2単体だと4.5GB程度です。メモリ8GBだとあまりにギリギリです。できれば16GBにしておいたほうがいいですね。

CoD:WW2におすすめのゲーミングPC

以上の結果からCoD:WW2におすすめのゲーミングPCをピックアップします。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:250GB SSD + 2TB HDD

60fps以上でCoD:WW2をプレイしたい人にはこのゲーミングPCをおすすめします。GTX1060搭載デスクトップでは日本で一番人気があります。ただしメモリを16GBに増やすのを忘れないようにしましょう。


ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080Ti 11GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

CoD:WW2をガチでプレイしたいならやはり高リフレッシュレート対応液晶モニターと高フレームレートを出せるゲーミングPCを使うべきです。そうなるとハイエンドクラスのGTX1080Ti搭載ゲーミングPCがおすすめです。ハイエンドなのにドスパラで3番目に売れているデスクトップです。


ドスパラ 「ガレリア GKF1060GF」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i7-7700HQ
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:250GB SSD + 1TB HDD

ゲーミングノートPCの液晶は基本的に60Hzまでしか対応していません。だから60fps出せる性能で十分です。ただしGTX1060 3GBを選ばないように注意してください。G-Tuneだと3GB版しかないので6GB版も用意しているドスパラがおすすめです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ