ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > America’s Army: Proving Groundsのグラボ別fpsとおすすめ推奨ゲーミングPC

America’s Army: Proving Groundsのグラボ別fpsとおすすめ推奨ゲーミングPC

America’s Army: Proving Groundsに最適なグラフィックボードを調査

America’s Army: Proving Grounds(AA:PG)はアメリカ陸軍が開発したFPSゲームです。ローディングの時にアメリカ陸軍兵士の動画が流れるのがとてもシュールです。でもゲーム自体は普通の出来なのがまた面白いです。

で、これからAmerica’s Army: Proving Groundsを遊ぼうと思った時に気になるのは重さです。最新FPSだからさぞかし重いのだろうと予想できます。快適にプレイできるスペックはどれくらいなのか探ってみました。

America’s Army: Proving Grounds推奨スペック

まずはAmerica’s Army: Proving Grounds推奨スペックの確認です。少なくとも推奨スペックをクリアしたゲーミングPCを使うことをおすすめします。

OS Windows7以降
CPU Core i5 3.3GHz以上
メモリ 8GB
グラフィックボード Direct X 9.0c準拠、Shader 3.0使用可能、ビデオメモリ1GB以上

最新FPSらしくそこそこハイスペックが要求されています。CPUはCore i5ということよりも動作周波数3.3GHz以上な点に注目です。Core i5-6500は定格3.2GHzなのでちょっと不安です。Core i7-6700なら定格3.4GHzなので大丈夫です。

メモリは8GBか16GBでOKです。私なら16GBにしておきます。グラフィックボードは曖昧でわかりにくいですね。最新世代だとGeForce GTX950 2GB以上なら大丈夫でしょう。

America’s Army: Proving Groundsのfps比較

推奨スペック通りでも重いなんてことがあります。実際にプレイしてみて、フレームレートがどれくらい出るか確認することこそが最も確実です。そこでGTX960、GTX970、GTX980、GTX980TiでAmerica’s Army: Proving Groundsのfpsを計測しました。

America’s Army: Proving Groundsはシンプルな画質設定がありません。自分なりに高画質と中画質を設定しました。

高画質設定

限界まで画質を上げました。

中画質設定

MAX ANISOTROPYを4に、ANTI-ALIASINGをlvl 3に下げました。

フレームレート比較

CPUはCore i7-4790(定格3.6GHz)、メモリ16GBのゲーミングPCを使用しました。

GTX960とGTX970のfpsに大きな差があります。そしてGTX980以上になると画質による差がほとんどなくなります。144Hzモニタを使うことを前提にするなら、GTX1060以上のゲーミングPCがおすすめです。

ちなみにfps制限の設定項目があるのに効いていませんでした。真下を向いたら400fps越えたため、状況によってフレームレートが大きく動くことがわかります。

America’s Army: Proving GroundsにおすすめのゲーミングPC

America’s Army: Proving Grounds推奨PCは存在しません。上記の調査結果を踏まえ、私なりにAmerica’s Army: Proving GroundsにおすすめのゲーミングPCを過去にレビューしたモデルから選んでみました。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

安く済ませたい人にはガレリア XTがおすすめです。America’s Army: Proving Grounds推奨スペックをしっかり越えた人気ゲーミングPCです。今日本で一番売れているゲーミングPCなのでAAPGプレイヤーの多くがこのデスクトップを使っています。


ドスパラ 「ガレリア ZF」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:256GB SSD + 2TB HDD

CPU、メモリ、SSDを強化したのがガレリア ZFです。スターウォーズ・バトルフロントのように最新FPSにはメモリ16GBが必要になってきています。またSSDは絶対に入れるべきですから、トータルバランスを考えるとFPSにはガレリア ZFが一番おすすめです。


ドスパラ 「ガレリア SG」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1080 8GB
  • 容量:2TB HDD

もっとグラフィック性能を高めたい!小型な方がいい!という方にはガレリア SGがぴったりです。小さいボディにGTX1080を搭載している珍しいゲーミングPCです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ