ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > ゲーム用ベンチマークソフトの目安まとめ

ゲーム用ベンチマークソフトの目安まとめ

「自分のゲーミングPCでこのオンラインゲームを遊べるのか?」と確認するためのものとしておすすめなのがゲーム用ベンチマークソフトです。推奨スペックもいいですが、「どれくらい快適になるのか」がわかりやすいベンチマークソフトのほうが有益です。

ただ、ベンチマークソフトを用意しているゲームは一部しかありません。それでも自分のパソコンが現状高性能なのかどうか、確かめることはできます。私自身ゲーミングPCのレビューをしていて、性能チェックのためにいくつかのベンチマークソフトを活用しています。

今回は特定のゲームに特化したベンチマークソフトと目安を紹介していきます。

FF14ベンチマークソフト

日本だけでなく世界中で人気のMMORPG、FF14のベンチマークソフトです。FF14は初代、新生エオルゼア、蒼天のイシュガルドと大規模アップデートがある度に、ベンチマークソフトも新しくなっています。

最新は蒼天のイシュガルドで、DirectX11とDirectX9を選択でき、DirectX11のほうが高画質ですが重くなります。グラフィックボードの性能を測るのに信頼性が高く、細かい設定変更も可能です。

しかしながら最高品質と高品質でそこまでベンチマーク差が出にくいことや、1回のスコア計測に時間がかかる弱点もあります。

FF14ベンチマークスコアの目安

スコア 評価
7000~ 非常に快適
5000~6999 とても快適
3500~4999 快適
2500~3499 やや快適
2000~2499 普通
1500~1999 設定変更を推奨
1000~1499 設定変更が必要
1000 未満 動作困難

GTX960だとDirectX11の最高品質で7000くらいです。ノートだとGTX980Mで6000台です。CPUやメモリの性能にスコアがあまり左右されない傾向があります。

FF14ベンチマークソフトはこちら

PSO2ベンチマークソフト

PSO2ベンチマークソフトの正式名称は「PSO2キャラクタークリエイト体験版 ver. 2.0」です。画質は5段階変更できます。ハイエンドなゲーミングPCの計測にも向いていて、スコアが素直に伸びます。リアルタイムでフレームレートがわかるのも高評価です。

CPUとメモリの性能によってスコアが変わりやすいのも特徴です。ちなみにゲーミングノートPCで計測する際には注意が必要です。NVIDIAコントロールパネルの設定を最適化しないと、ベンチマークスコアがまったく伸びません。

PSO2ベンチマークスコアの目安

スコア 評価
5001以上 快適な動作
2001以上 標準的な動作
2000以下 動作が重い

この目安は本当なのでしょうか・・・。もう少しスコアが出ないと常時快適とは言えないと思います。PSO2のために計測するならスコアよりもフレームレートを見ていたほうが参考になります。

PSO2ベンチマークソフトはこちら

ドラクエ10ベンチマークソフト

ドラクエ10ベンチマークは謎の多いソフトです。ミドルスペックゲーミングPCで17000くらいのスコアが出ます。しかしこの17000から急激に伸びなくなって、20000を越えることはまずありません。

GTX980Tiで18000しか出ないのに、GTX970で20000に届いたりします。だから「低スペックだけどドラクエ10が遊べるか確認したい」と考えている方におすすめします。ベンチマークソフトとしての汎用性はまったくありません。

あと全画面の設定でベンチマークソフトを動作させるとフリーズすることがあるので、ウィンドウモードをおすすめします。SLI非対応です。

ドラクエ10ベンチマークスコアの目安

スコア 評価
10000以上 すごく快適
7000~9999 とても快適
5000~6999 快適
3000~4999 普通
2000~2999 やや重い
1000~1999 重い
999以下 動作困難

GTX960で17000、GTX950で16000弱、GTX960Mで13000くらいです。ミドルスペック以上ならドラクエ10は余裕ですね。

ドラクエ10ベンチマークソフトはこちら

MHFベンチマークソフト

30fpsしか出ない上に、画質も綺麗ではないMHF。ですがベンチマークソフトは意外と優秀です。PSO2ベンチマークソフトと同様にスコアが素直に伸びる傾向があります。エントリーモデルからハイエンドまでしっかり計測できます。

全画面に設定したほうがスコアが伸びることがあるので、特にノートPCの場合は全画面で計測するようにしましょう。スクリーンショットを撮影したいなら、ウィンドウモードで1920×1080に設定してから、Alt + Enterで全画面に切り替えるのがおすすめです。この手順じゃないとウィンドウモードに戻した時に1280×720に強制変更されてしまいます。SLI非対応です。

MHFベンチマークスコアの目安

MHFベンチマークスコアの目安や評価は公開されていません。以前MHF推奨PCをレビューした時は、GTX960でスコアが15022、フレームレートは30fps(上限)でした。もっと低い性能でも30fps出せます。

MHFベンチマークソフトはこちら

ドラゴンズドグマオンラインベンチマークソフト

最近人気のドラゴンズドグマオンラインにもベンチマークソフトがあります。でもこれが全然ダメ。ミドルスペック以上の性能が計測できません。

というのも、ドラゴンズドグマオンライン推奨PCの記事を書いた時に、ベンチマークスコアを計測しました。すると最高品質の設定で、GTX960が9796、GTX970が10037、GTX980が9698、GTX980Tiが9801でした。

確かにどのグラフィックボードを使っても58〜60fps出たので、ある意味正しい評価なのかもしれません。ドラクエ10ベンチマークと同じように低スペックPC専用ベンチマークソフトです。

ドラゴンズドグマオンラインベンチマークスコアの目安

スコア 評価
7000~ とても快適
3500~6999 快適
2000~3499 普通
1000~1999 設定変更を推奨
1000未満 動作困難

上記の通りミドルスペック以上のゲーミングPCなら大丈夫です。

DDONベンチマークソフトはこちら

当サイトではこれまでレビューしたゲーミングPCのベンチマークスコア比較ランキングを公開しています。

ベンチマークスコア比較ランキングを見る

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ