ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマーク・性能比較 > Ryzen 7 1700 ベンチマーク!8コア・16スレッドの性能を検証

Ryzen 7 1700 ベンチマーク!8コア・16スレッドの性能を検証

2017年からAMD Ryzenの進撃が開始されました。一時的なのでしょうけどCPUシェアを大きく伸ばし、INTELに危機感を覚えさせることに成功しました。BTOパソコンでもRyzen搭載モデルが増えてきています。

では実際にRyzenはどれくらいの性能なのでしょうか。今回はRyzen 7 1700のベンチマークをご紹介します。価格の近いCore i7-8700を比較対象にしてみます。

Ryzen 7 1700のスペック

まずはRyzen 7 1700の基本スペックを確認しましょう。

コア数 8
スレッド数 16
定格動作周波数 3.00 GHz
TB最大動作周波数 3.70 GHz
L3キャッシュ 16 MB
TDP 65 W

Core i7-8700は6コア・12スレッドなので、コア数・スレッド数に関してはRyzen 7 1700に軍配が上がります。L3キャッシュもRyzen 7 1700のほうが多いですね。そしてTDPは同等です。

しかし動作周波数はCore i7-8700が最大4.6 GHzと圧倒しています。それほどスレッド数を必要としない用途であればCore i7-8700のほうが優秀です。ちなみに2018年3月末現在の価格はRyzen 7 1700が約3万円、Core i7-8700が約3万4千円となっています。

Ryzen 7 1700のベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Ryzen 7 1700
メモリ グラフィックボード
8GB PC4-21300 GeForce GTX1070Ti 8GB
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD AMD B350

ドスパラの「ガレリア AV」を使用しました。Core i7-8700のベンチマークに使用したゲーミングPC「ガレリア ZH」もメモリ8GBだったので、比較対象としてはちょうどいいと思います。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチコア
129 cb 1391 cb

Core i7-8700だとシングルコアが197 cb、マルチコアが1409 cbでした。つまりマルチコアをフル活用するならRyzen 7 1700のほうがコスパはいいですね。エンコード用CPUとして優秀なのではないでしょうか。

でも数コアしか使わないならCore i7-8700の圧勝です。ゲーミングPCには動作周波数の高いCore i7-8700のほうが向いています。実際ゲーム用ベンチマークソフトではRyzen 7 1700は全体的にスコアがとても低かったです(同じグラフィックボード搭載ゲーミングPCと比較して)。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
1503 % 2093 MIPS 31740 MIPS

7-Zipは7z形式への圧縮・解凍をするためのソフトウェアです。総合評価はCore i7-8700と同等です。Core i7-8700Kは39121 MIPSでした。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
329.5 3889.2

CPU-ZもCINEBENCHと同じようなベンチマーク結果になりました。スペック通りシングルならCore i7-8700が優秀、マルチならほとんど一緒です。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
188778 130380

CrystalMarkはあらゆるパーツの性能を計測する総合ベンチマークソフトです。CPUは整数演算速度の「ALU」と浮動小数点演算速度の「FPU」です。計算の得意不得意があるのかはわかりませんが、Core i7-8700のほうが高いスコアになっています。

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
39.3 1分4秒

ではいよいよ具体性の高いベンチマークソフトを使っていきます。H.264のエンコード性能を計測しました。かなり高速な部類ですが、それでもCore i7-8700には負けています。現状ではRyzen 7 1800X辺りが対抗馬になりそうです。

HWBOT x265 Benchmark

FHD 4K
33.04 fps 7.93 fps

H.265用ベンチマークソフトです。1920×1080のフルHDと3840×2160の4K動画をエンコードしています。Core i7-8700はFHDが42.34 fps、4Kが10.35 fpsでした。つまりCore i7-8700の圧勝です。価格の違いはあるものの、これならCore i7-8700を選んだほうが良さそうです。

Ryzen5、Ryzen7シリーズ搭載のおすすめゲーミングPC

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ