ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ベンチマークスコア比較 > CPUのベンチマーク・性能比較 > Core i5-8300H ベンチマーク!Core i7-8750Hとの比較も

Core i5-8300H ベンチマーク!Core i7-8750Hとの比較も

これまでゲーミングノートPCに搭載されるCPUはCore i7ばかりでした。少し前までは「Core i7-7700HQ」が主流で、今は「Core i7-8750H」です。しかし最近は格安ゲーミングノートPCにCore i5が採用されることがあります。

具体的に書くとドスパラのGTX1050Ti搭載ノートの「ガレリア GCF1050TGF-E」にCore i5-8300Hが採用されています。レビューの際にCPUのベンチマークスコアも計測したのでご紹介します。またCore i7-8750Hとの違いも比較していきます。

Core i5-8300Hのスペック

まずはCore i5-8300Hの基本スペックを確認しましょう。

コア数 4
スレッド数 8
定格動作周波数 2.30 GHz
TB最大動作周波数 4.00 GHz
L3キャッシュ 8 MB
TDP 45 W

Core i5なのに4コア・8スレッドなんですね。例えばデスクトップ用のCore i5-8500は6コア・6スレッドで、コア数とスレッド数が同じです。4コア・8スレッドといえばCore i7-7700やを思い出します。

Core i7-8750Hは6コア・12スレッドです。マルチスレッド重視の使い方をするならCore i7-8750Hのほうがいいですね。ただ現状のPCゲームは4コア・8スレッドで十分なのでCore i5-8300Hのほうがコスパ良好な気がします。

最大動作周波数はCore i5-8300Hが4.0Ghzで、Core i7-8750Hが4.1GHzとほとんど差はありません。TDPは同等です。

Core i5-8300Hのベンチマークスコア

次に各種CPU用ベンチマークソフトで計測したスコアをご紹介します。ベンチマーク環境は以下のとおりです。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i5-8300H
メモリ グラフィックボード
8GB PC4-21300 GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD モバイル INTEL HM370

冒頭に書いたようにドスパラの「ガレリア GCF1050TGF-E」を使用しました。ドスパラでは今のところ一番安いゲーミングノートPCです。

CINEBENCH R15

シングルコア マルチスレッド
173 cb 832 cb

シングルコアはCore i7-8750Hとほぼ同じです。マルチスレッドだと832に対して1119と大きな差があります。8スレッドと12スレッドなので当然の結果でしょう。

7-Zip

CPU使用率 評価 / 使用率 評価
760 % 2995 MIPS 22727 MIPS

7-Zipは7z形式への圧縮・解凍をするためのソフトウェアです。Core i7-8750Hの評価は31705 MIPSだったため、Core i5-8300Hのほうが39.5%低いベンチマークスコアです。

CPU-Z

Single Thread Multi Thread
454.3 2206.8

CPU-ZはCore i7-7700より若干低いくらいのベンチマークスコアです。そう考えるとノートPC用CPUなのに凄い性能です。現状のゲーム用途に最適な気がしてきました。

Core i7-8750Hはマルチスレッドが3357.1だったため、Core i5-8300Hとは52.1%もの差があります。数年後に最新ゲームの推奨CPUが6コア・12スレッドになる可能性を考えるならCore i7-8750Hのほうが良さそうです。

CrystalMark 2004R7

ALU FPU
113658 96492

CrystalMarkはあらゆるパーツの性能を計測する総合ベンチマークソフトです。CPUは整数演算速度の「ALU」と浮動小数点演算速度の「FPU」です。Core i7-8750HはALUが171148、FPUが144027です。やはり50%近い性能差があります。

x264 FHD Benchmark

fps エンコード時間
28.88 1分30秒

H.264のエンコード性能を計測しました。Core i7-8700が56秒、Core i7-8750Hが1分10秒、6コア・6スレッドのCore i5-8400が1分15秒です。エンコードをするならもっと高性能なCPUを使ったほうがよさそうです。

HWBOT x265 Benchmark

FHD 4K
25.75 fps 6.05 fps

H.265用ベンチマークソフトです。1920×1080のフルHDと3840×2160の4K動画をエンコードしています。Core i7-8750HはFHDが35.42 fps、4Kが8.02 fpsです。このように比較してみるとやはりクリエイター向けノートPCのCPUとしてはCore i7-8750Hのほうがおすすめです。

逆にGTX1050やGTX1050TiのようなエントリークラスのグラフィックボードでゲームをプレイするならCore i5-8300Hで十分です。そもそも重いゲームならGTX1060以上が必要不可欠です。そしてCore i5-8300H + GTX1060のゲーミングノートPCは見たことがありません。

Core i5-8300H搭載ゲーミングノートPCのレビュー

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ